トップ

インプラントの特徴

インプラントの影響の有無

インプラントは経験豊富な医師に

最新歯科治療のインプラントは、保険が効かずに高額な治療費がかかるとはいえ、本物の歯と同じように機能し、見た目にも美しいということで、人気が高い治療だといわれています。しかしこの治療は、普通の虫歯治療とは違い、歯茎を切開し、骨に穴を開けるという高度な外科手術も伴うので、執刀する医師には高いスキルが求められます。入り乱れた神経を、万が一にでも傷付けてしまえば、その後の生活に影響を及ぼしてしまうので、様々な症例のインプラントを扱い、年間を通して実績を積んでいる、経験豊かな医師にお願いすることが重要です。

周りの歯に与える影響について

インプラント治療の特徴は、周囲の歯によほどのことがない限り影響を与えることはありません。例えばブリッジ治療ですと、その治療方法から失った歯の前後の歯を削ることが必要で、削られた歯は寿命が短くなってしまう可能性があります。また入れ歯も、針金を使って残っている歯で固定をするので、荷重が掛かることによって残っている歯の寿命を縮めてしまうこともあるのです。それらとは違いインプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を付けるという方法なので自立しているのです。ですから、周りの歯に悪影響を及ぼすことがなく、治療後の定期診断でもそういったことがないか確認されるので安心です。

↑PAGE TOP